eDiscovery(電子情報開示)

文書内の重要な概念、情報、単語、文、または段落を見つけます。
お問い合わせ
Electronic Discovery(e-Discovery)技術は、資料から主要な概念、情報、単語、さらには文章や段落を見つけることができ、人、数字、事実、日付が簡単に処理されます。

PangeaMT は、ESI ソースからの完全な e-Discovery サービスを提供しています。高度な自然言語処理技術を使用して、何百万もの文章から適切なコンテンツを見つけます。

Electronic Discovery は、 ediscovery、eDiscovery、または e-Discovery とも呼ばれています。訴訟、政府の調査、情報公開法の要求などの分野でよく使われています。対象になるのは、電子的に保存された情報に含まれる数千から数百万の文や単語です。e-Discovery は、訴訟手続や特定の訴訟や調査に対応します。これは、ESI ソースから情報を識別、収集、生成することを目的として、常に電子的に行われます。ESI 資料には、電子メール、文書、プレゼンテーション、データベース、ソーシャルメディアやブログ、ウェブサイトなどでの意見はもとより、オーディオファイルやビデオファイル、ボイスメール(通常は文字起こしされている)などのデジタル資料があります。

外国とのデータのやりとりや国際訴訟はますます頻繁になっており、迅速な対応が必要です。

PangeaMT のeDiscoveryソリューション

堅牢で安全な電子情報開示ソリューションを備えた銀行業務を PangeaMT が可能にします。大量の複数言語のデータを形式を選ばすにオンデマンドで安全に処理します。

大量の電子データが生成・保存されるため、電子情報開示のプロセスやテクノロジーは複雑であると信じられています。ハードコピーの証拠とは異なり、電子文書は柔軟であり、多くの場合、日付スタンプ、作成者、受信者の情報、ファイルのプロパティなどのメタデータが含まれています。電子的に保存された情報のオリジナル コンテンツとメタデータを保持することは、訴訟の後半での隠蔽または証拠の改ざんの主張を排除するために必要です。

eDiscovery の目的は訴訟において重要な証拠を見出すことです。
裁判の当事者は訴訟内容に関連するデータを特定して、Pangeanic に該当する文書(電子資料や印刷資料など)の確認を依頼します。

これらの資料は法的に拘束力があり、変更、削除、消去、またはその他の方法で破棄することはできません。関連する可能性のあるデータが収集、抽出、インデックス付けされ、データベースに配列されます。ここで、データを分析して、明らかに関連性のない資料を選別または分離します。

次に、データは安全な環境に保存され、担当者が法的な問題と関連付けします。この段階の資料を、弁護士やパラリーガルが利用します。

関連資料が、PDF や画像ファイル(JPG、TIFF、PNG など)である場合があります。次に、その情報に関連性がない限り、特権ベースで情報を追加することが可能です。Computer Assisted Review(CAR) または Technology Assisted Review (TAR)、予測コーディング、その他の e-Discovery の分析ソフトウェアは、弁護士が検証する資料の数を減らし、法務チームが行う資料に優先順位を付けることができます。資料の数が減ると、時間とコストが削減されます。

e-Discovery が利用される分野

null

訴訟手続き

null

政府機関

null

調査

null

その他ご要望にお応えします。

通常、求められる情報はデジタル情報です。紙や画像による資料には OCR(光学文字認識)が使われ、検索が可能なデジタル形式に変換されます。

e-Discovery を機械翻訳と組み合わせることで、外国語の資料、メール、訴状などから取得して検索可能になった重要な情報が、ユーザの母国語に翻訳されます。

お問い合わせ